HOSSY.NET | swf server side compiler

swf server side compiler ENTER

HEMP | HOSSY.NET Editable MTASC Package
(For edit packages. Open in a new window.)
sample sources (open in a new window)

序文
MTASCがリリースされてから1年が経とうとしています。リリースからその後、様々な方々がいろいろな使い方をして発展を続けていますが、今、一番メジャーな使われ方はシンタックス チェックのようです。個人的にはもっとSWF生成そのものにスポットを当てた使われ方が流行するとおもしろいと思うのですが、確かに実案件に使用しようとした際、MMCのIDE完成度の高さに遅れを取ることは否めないかもしれません。
MTASCはWin・MacのみならずLinuxバイナリーも公開され、また、ソースも公開されているので、他のUNIX系OSにインストールすることも可能です。また、純粋なコンパイラーですので、UNIXサーバアプリに組み込むことの可能性を兼ねてから考えていました。
今回作成した、Thin Client型SWFコンパイルサービス、HOSSY.NET | swf server side compiler は、その可能性のひとつです。
他にもサーバサイドアプリとして、HTML様のタグベースの記述を解釈してSWFにコンパイルして返すFLEXのようなものも作れるはず、と信じています。また、MINGの代替品として使うことのできるようなサーバアプリも可能だと思います。
今後のMTASCの発展とその応用規模の拡大を願って、ここに序文を記します。
Introduction:
It has been almost a year since the first release of MTASC from Motion Twin.
Since then, many people are making use of it in various ways, but it seems that the most common usage of it is syntax checking.
I personally think that it would be interesting if more and more people see and leverage its SWF-generation capability itself.
MTASC is not only available for Windows and Macintosh, but also there is Linux binary and even the source code is given out - so it's possible to install it on other UNIX -based operating systems.
And given the fact of its being a pure-compiler, I have been seeking for possibilities of integrating it into a UNIX server-side application.
The "HOSSY.NET | swf server side compiler" is a thin-client type SWF compiling service, which is an attempt to represent one of these possiblities.
Other than this attempt, I also believe that it's possible to build some server-side application like FLEX, which interprets XML-like tag based markup and compiles it into a SWF - or also something that can be used as an alternative for MING.
I would like to end this introduction, hoping more prosperity and prevalent usage of MTASC.


使い方
このコンパイルサービスはActionScript 2.0をMTASCを利用してSWFにコンパイルするものです。入力する項目は、
    ・SWFの横幅
    ・SWFの縦幅
    ・SWFのフレームレート
    ・ActionScript 2.0で記述したソースコード
です。
ソースコードですが、MTASCを使用してSWFを生成する関係で、classファイルの形式を取り、また、static function main を持つ必要があります。
Usage:
This service is to compile ActionScript 2.0 source code into SWF using MTASC. The parameters to enter are:
    ・the width of the swf
    ・the height of the swf
    ・the frame rate of the swf
    ・ActionScript 2.0 Source Code
Since it generates a swf using MTASC, the source code needs to take a form of ActionScript 2.0 class and also requires to have static function main().

以下にスクリーンショットとそれぞれの使い方の説明を記載します。
Below is the screen-caputure of the form with the descriptions of each item.

     (1) SWFの横幅 (単位Pixel)
    the width of the swf (pixel)
(2) SWFの縦幅 (単位Pixel)
    the height of the swf (pixel)
(3) SWFのフレームレート (1 - 120)
    the frame rate of the swf (1 - 120)
(4) ソースコード
    Source code
(5) コンパイルボタン (適切にデータを入力した後、このボタンを押してコンパイルします。)
    Compile Button (After entering appropriate values to the fields, press the button to compile)
(6) オプション設定 (PREVIEW: コンパイルしたSWFをブラウザで閲覧します DOWNLOAD: リンクが出現しますので、右クリックしてSWFを保存します)
    Options (PREVIEW: View the compiled result on the browser. DOWNLOAD:Creates a hyperlink for the compiled swf.)
(7) プレビュー画面
    Preview Area
(8) バージョン情報
    Version Information


source code download hossy.zip
mtasc is under the GNU GPL, but this source code (hossy.zip) is NOT under the GNU GPL. hossy.zip is LICENSE FREE.


その他
筆者(星 鉄矢)は、生成したSWFに対して一切責任を負いません。
本サイトは、予告なしに、メンテナンスやバージョンアップを行うことがあります。
バグレポートやご意見などございましたら、hossy@javac.jpまでご連絡ください。
Note:
The author (Hoshi Tetsuya) will not take any responsibilities for the generated swf.
The author may alter / update / discontinue the service without notice.
If you have bug-reports or suggestions, please contact the author at hossy@javac.jp


Date : 2005/12/25
Author : HOSHI Tetsuya
Url : http://www.javac.jp

All Contents Copyright (C) 2005 HOSHI Tetsuya